観光・レジャー・旅・宿の紹介
旅や旅行のプランや計画 旅館やホテルなどの宿選びと宿の予約、格安の旅から豪華な旅まで、いろいろな旅の案内が検索できます。格安航空券から、宿泊先まで、空席状況や、空室状況の検索もできます。
カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根県の観光案内

島根県の観光案内

宍道湖 (しんじこ)

全国で7番目に大きい宍道湖は、真水と海水の混ざりあった汽水湖です。特に刻々と表情を変える夕景の美しさは絶景で、水都松江の象徴になっています。夕日観賞には白潟公園から国道9号線にかけての湖岸がおすすめです



〈 嫁ヶ島 (よめがしま)
宍道湖に浮かぶ周囲240mの島で、湖に落ちて亡くなった若い嫁の身がらとともに浮かび上がったという悲しい伝説があります。夕日に染まる湖に浮かぶ島のシルエットは息をのむ美しさで、宍道湖の夕景をよりすばらしいものにしています。

〈 白潟 (しらかた) 公園 〉
宍道湖に浮かぶ嫁ヶ島を西に望む公園です。ここには、かつて灯台の役目をしていた青柳楼の大灯ろう、明治維新の際に松江の危機を救ったと言われる玄丹お加代の胸像のほか、水辺に降りる階段や散策道が整備されています。 

〈 千鳥南公園 (ちどりみなみこうえん)
宍道湖と松江しんじ湖温泉街の中間に位置する公園で、小泉八雲、生田春月の文学碑のほか、八雲の怪談「耳なし芳一」の像が建立されています。休日には子供づれの家族などでにぎわい、憩いの場となっています。

〈 水辺の広場 〉
宍道湖へ降り、水に触れられるよう整備されています。松江しんじ湖温泉街の南に広がるスペースで、夏は花火を楽しむ人やマリンスポーツに興じる若者で、秋にははぜ釣りを楽しむ家族連れなどでにぎわいます。

〈 しじみ漁 〉
全国でも有名な宍道湖のしじみは「大和しじみ」で真しじみに比べてコクのあるのが特徴で、全国の湖沼の中で第1位の漁獲量を誇ります。早朝から湖に小舟を出し、クマデにカゴを付けたような独特の鋤簾(じょれん)で獲るシジミ漁の光景は、朝の風物詩です。


松江市内(松江・鹿島・八束)の宿泊施設一覧

地域の観光案内
松江観光協会



浄土ヶ浦海岸(じょうどがうらかいがん)


 昭和38年に、「大山隠岐国立公園」」指定以来、昭和11年に既に文部省告示により史跡名勝天然記念物保存法による「名勝隠岐布施海岸」として指定された地域です。東に突き出た崎山岬の北側で、1キロに及ぶ海岸は島礁の数が最も多く、小さな島々にも潮風に耐えた古松のたくましい姿が見られ魅了されます。中でも赤褐色の多島海岸風景は隠岐唯一。

 国立公園指定の記念切手の図柄になった地点が、集落から100メートルの近距離に有り、訪れやすい第一の条件に恵まれています。遊歩道もここから約2キロにわたり整備されていて、東の突端「都恋い崎」(みやこいさき)を経て集落に帰れます。この海域の広範域が海中公園に指定されていてダイビングスポットとしても人気があります。



水若酢神社(みずわかすじんじゃ)

 当神社の御祭神水若酢命は隠岐国の国土開発と日本海鎮護の任務に当られた神様と伝えられています。この神様は伝承に寄れば現在は西郷町伊後となっているが、古くは五箇村であった伊後の磯辺に海中よりあがられ、大峯山を越して五箇村に入られたと伝えられている。

 安時代の書「隠州視聴合記」には、「隠岐国隠地郡水若酢命神社明神大社」、国内張には「正四位上、水若酢明神隠岐一宮」と記されている古社です。本殿正面の形は伊勢神宮の「唯一神明造」、屋根は出雲大社の「大社造」、向拝は春日神社の「春日造」という日本を代表する神社建築の特徴とよく似ているが少しず異なっており、隠岐独特の神社建築様式で、素朴であるが力強い形式をとる点に特徴があるといわれ、「隠岐造」として平成四年に玉若酢命神社本殿と共に重要文化財の指定を受けています。



離島地区(隠岐)の宿泊施設一覧

地域の観光案内
西ノ島町観光協会 知夫里島観光協会 隠岐観光協会 隠岐観光協会



医光寺庭園(雪舟庭園)

南北時代に創建され、その後いったん廃絶した医光寺は戦国時代に益田氏17代宗兼によって再建されました。県指定の医光寺総門は七尾城の大手門を江戸時代に移築したものと伝えられています。庭園は山の斜面を生かして立体的に作庭され、須弥山石や枯れ滝、鶴を形どった池や亀島の護岸の石組の美しさとともにしだれ桜やつつじ、楓などが四季折々に色づく室町時代の名園で雪舟の作庭と伝えられています。
室町時代の雰囲気を残した池泉鑑賞半回遊式の庭園は、国の史跡および名勝に指定されています。


県立万葉公園

高津柿本神社の境内に広がる島根県立都市公園。園内には、万葉集で詠まれた四季折々の植物が植えられている「万葉植物園」や、水車の音を聴きならが休憩できる「やすらぎの家」、トリムコースもある子どもの広場、石の広場、和風野外音楽堂、芝生の上でゆっくりとくつろぐことができる「まほろばの園」などの施設が立ち並び、万葉のロマンにひたりながら静かな散策が楽しめます。


島根西部(大田・江津・浜田・益田・津和野)の宿泊施設一覧

地域の観光案内
浜田市観光協会 益田市観光協会 大田市役所 江津市観光案内所
江津市観光協会 温泉津町観光協会 仁摩町役場 邑南町役場
三隅町観光協会 津和野町観光協会 柿木村観光協会



出雲大社

縁結びの神・福の神として、全国の人々に親しまれている出雲大社は「大国主神」をおまつりし、本殿は国宝になっており、日本で最も古い神社建築の形式をもった大社造りで、伊勢神宮の神明造りとともに代表的な神社建築です。
正面の拝殿は、昭和34年に再建された桧造りの美しい色艶と長さ8メートル、重さ1500キロの大しめなわが参拝客の目をみき荘厳さに思わず気が引き締まります。
拝殿の奥が大国主神を祀る、国宝出雲大社本殿です。本殿は、瑞垣・玉垣に囲まれていて、瑞垣の門を八足門といい普通一般にはここから拝します。
正月5日間はこの門が開かれ、楼門前で参拝出来ます。
瑞垣の外にそって右に行くと長い社殿があります。
これを東の十九社、左にあるものを西の十九社といい、旧暦の10月11日から17日まで、全国の神々が出雲大社に集られ、いろいろな神議りをされると伝えられ、その際の神々の宿舎となる社殿です。
他の地方ではこの月を神無月といい、出雲地方では、神在月と呼びます。
この社殿をすすむと、神殿、素鵞社、氏社、庁の社と続きます。また、境内の松、杉などの枝に良い縁が結ばれますようにとの願いを込めたおみくじが結ばれ、まるで白い花が咲き乱れているようです。


島根東部(出雲・玉造・安来・平田)の宿泊施設一覧

地域の観光案内
玉造温泉観光協会 出雲市観光協会 多伎町観光協会 大社観光協会
安来市役所 横田町観光協会




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。